【Unity】Androidアプリで「APIレベルを上げてください」と怒られた時の対処法

  • URLをコピーしました!

Androidアプリを更新しようとしたら「APIレベル30以上を対象にしてください」とGoogleConsoleの管理画面で怒られたのでUnityプロジェクトの対象APIレベルを上げた時のメモです。

  • 環境 Mac
  • API Level 29 から 30 へ更新
  • 追記:API 31にする場合も手順は一緒です。
目次

現在参照しているSDKを調ベる

Edit > Project Settings > Player > Other Settings > Identification で現在の設定を確認します。デフォルトではTargetAPILevelが『Automatic(highest installed)』になっていると思います。

Unity > Preferences > External Tools を開きます。

「Androdi SDK Tools Installed with Unity」で指定しているパスを確認してそのフォルダを開きます。

  • パスをコピーしてFinderで⌘ + Shift + G でポップアップしたダイアログにペーストして移動すると早いです。


PlaybackEngines > AndroidPlayer > SDK > platforms を開きます。

そこに「Android-30」というフォルダが無ければ「Android Studio」からダウンロードします。

Android Studio でSDKをダウンロードする

「Android Studio」を開いて右下のConfigureからSDK Managerを選択してください。

該当のSDKにチェックをしてApplyするとダウンロードが始まります。

ダウンロード終了後、/Users/**/Library/Android/sdk/platforms に「Android-30」のフォルダがあるので、フォルダごとUnityが参照していた先程のフォルダにコピペしてください。

  • Libraryが非表示になっている場合は⌘+Shift+. (ピリオド)で非表示ファイルが可視化されます。

念の為、Unityを再起動しましょう。これで対象APIレベル30でビルドが作成されるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる