【Unity】Google APIs for UnityをPackage Managerで管理する

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

Game Package Registry (GPR) by Google が2021年5月19日でパッケージの提供を終了してしまったので、「.tgz」ファイルを使って「Firebase」や「In-App Review」のSDKを手動でインポートする方法です。「.unitypackage」でインポートするより管理が楽なのでオススメです。

手順

アーカイブサイトから必要な「.tgz」ファイルをダウンロードします。

例として「Firebase」と「In-App Review」のSDKをダウンロードします。特に不都合なければ最新バージョンをダウンロードしてください。

  • 「.tgz」ファイルをダウンロードしてください。
  • Dependenciesに記載されたファイルも必要なので一緒にダウンロードしてください。
  • 「.unitypackage」はダウンロードする必要はありません。

「com.google.external-dependency-manager」が被った場合はバージョンの高い方を残します(低い方は削除してください)

プロジェクト内に「GooglePackages」というフォルダを作成してそこへダウンロードした「.tgz」ファイルを収納します。

ちなみに収納フォルダはどこに作成しても良いです。説明の都合上、プロジェクト内に作成しています。

次にUnityにインポートする準備をします。プロジェクト内のPackagesフォルダ内のmanifest.jsonを開いて、下記を追記します。

{
  "dependencies": {

...
    "com.google.external-dependency-manager": "file:../GooglePackages/com.google.external-dependency-manager-1.2.170.tgz",
    "com.google.android.appbundle": "file:../GooglePackages/com.google.android.appbundle-1.7.0.tgz",
    "com.google.play.common": "file:../GooglePackages/com.google.play.common-1.7.0.tgz",
    "com.google.play.core": "file:../GooglePackages/com.google.play.core-1.7.0.tgz",
    "com.google.play.review": "file:../GooglePackages/com.google.play.review-1.7.0.tgz",
    "com.google.firebase.app": "file:../GooglePackages/com.google.firebase.app-8.9.0.tgz",
    "com.google.firebase.messaging": "file:../GooglePackages/com.google.firebase.messaging-8.9.0.tgz",
...

}

追記ができたら、保存してUnityエディターに戻ってリフレッシュしてください。

問題なければPackage ManagerPackages: In ProjectでインポートしたSDKが確認できるはずです。

以上です。

今回はプロジェクト内に収納フォルダを作成しましたが、プロジェクトで使い回せるよう専用フォルダをローカルやリモートに作成しても良いかもしれません。管理コストやPC容量の節約になります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる