【Unity】OnValidate メソッドの紹介

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

大量のオブジェクトをInspectorに登録するのはけっこう大変な作業です。失敗するとバグにもなります。そんな時「OnValidate」メソッドがとても便利です。

OnValidate()
この関数はスクリプトがロードされた時やインスペクターの値が変更されたときに呼び出されます(この呼出はエディター上のみ)

あわせて読みたい
MonoBehaviour-OnValidate() - Unity スクリプトリファレンス この関数はスクリプトがロードされた時やインスペクターの値が変更されたときに呼び出されます(この呼出はエディター上のみ)

サンプル

Hierarchyの状態

親となるオブジェクトを作って、その下にオブジェクトをいくつか配置してください。今回は「Image」を配置してみます。画像の様な感じでHierarchyに「Image」が並んでいる状態にします。

サンプルコード

こちらのコードを適当なオブジェクトにAdd Componentしてください。

using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class Temp : MonoBehaviour
{
	//親となるオブジェクト
	[SerializeField] Transform root;
	[SerializeField] Image[] img;

	private void OnValidate()
	{
		//Nullチェック
		if(root != null)
		{
			//子の数を配列の長さとして代入
			img = new Image[root.childCount];
			//ImageをHierarchyの順に代入
			for(int i = 0; i < img.Length; i++)
			{
				img[i] = root.GetChild(i).GetComponent<Image>();
			}
		}
	}
}

手順

Inspectorで下記のようになっていると思います。「Root」に「Image」の親オブジェクトをドラッグ&ドロップしてください。

問題なければ一瞬で下記の様になると思います。捗りますね!

Inspectorに一度反映されれば「OnValidate」をスクリプト上から削除してもオブジェクトの登録は残ります。「OnValidate」メソッドを使って他にもいろいろ効率化できると思います。お試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次