【Unity】WebGLビルドしてブラウザで表示する時にハマった件

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

UnityからプロジェクトをWebGLで書き出して、サーバーにアップするところまで行いました。次にブラウザで表示しようとしたところ赤字でこのようなエラーが出ていました。圧縮ファイルが展開できない時のエラーのようです。

Unable to parse Build/HTML5.framework.js.gz!

環境:Unity2020.3.21

解決方法

解決方法は2通りあります。

  1. 「Decompression Fallback」にチェックを入れる
  2. サーバーの「.htaccess」ファイルを編集する

1「Decompression Fallback」にチェックを入れる

Unityの設定のみで完結するので、手っ取り早いのはこちらです。ただし後述の方法より起動に時間がかかってしまようです。

Edit > Project Settings > Player > WebGL > Publish Settings を開いて 「Decompression Fallback」にチェックを入れてください。

2 サーバーの「.htaccess」ファイルを編集する

サーバーをbrotli(またはgzip)用に構成します。こちらはサーバーのファイルを設定するので、少し手間はかかりますがビルド容量と起動時間の短縮が期待できます。

Unity公式のサンプルです。該当するサーバー環境のコードサンプルを「.htaccess」ファイルに記入してください。

  • 下記は apache 環境
# This configuration file should be uploaded to the server as "<Application Folder>/Build/.htaccess"
# This configuration has been tested with Unity 2020.1 builds, hosted on Apache/2.4
# NOTE: "mod_mime" Apache module must be enabled for this configuration to work.
<IfModule mod_mime.c>

# The following lines are required for builds without decompression fallback, compressed with gzip
RemoveType .gz
AddEncoding gzip .gz
AddType application/octet-stream .data.gz
AddType application/wasm .wasm.gz
AddType application/javascript .js.gz
AddType application/octet-stream .symbols.json.gz

# The following lines are required for builds without decompression fallback, compressed with Brotli
RemoveType .br
RemoveLanguage .br
AddEncoding br .br
AddType application/octet-stream .data.br
AddType application/wasm .wasm.br
AddType application/javascript .js.br
AddType application/octet-stream .symbols.json.br

# The following line improves loading performance for uncompressed builds
AddType application/wasm .wasm

# Uncomment the following line to improve loading performance for gzip-compressed builds with decompression fallback
# AddEncoding gzip .unityweb

# Uncomment the following line to improve loading performance for brotli-compressed builds with decompression fallback
# AddEncoding br .unityweb

Conoha Wing のサーバーをご使用の方は下記リンクの手順で「.htaccess」ファイルを開いて上記をコピペしてください(サーバーに反映されるまで若干遅延がありました)

ConoHaサポート
.htaccessの設定を編集する|ConoHa WINGサポート ConoHa WINGのご利用ガイド、よくある質問などの各種サポート情報をご案内しています。ConoHa WINGは便利なご利用ガイドと専任スタッフのサポートで安心してご利用いただけ...

以上、お試しください。

補足

うまくいかない時はブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。この記事を書いている時にハマりました^^;

ちなみに今回、UnityでWebGLビルドしたのは「16:9」を計算するこちらのツールです。

あわせて読みたい
【Unity】WebGL – 16:9 解像度計算&早見表 長辺を左側に入力してENTERを押してください。短辺が右側に表示されます。(少数第1位まで) 開発:Unity2020.3.21 WebGL(モバイルで動きますがベータ版扱いです) 【1...

その他

WebGLをレスポンシブデザインに対応させる

あわせて読みたい
【Unity】ビルドしたWebGLをレスポンシブデザインに対応させる 【はじめに】 Unityで出力したWebGLをレスポンシブデザインに対応させます。 【CSSを作成】 「style.css」を新たに作成して下記を記入します(widthやheightは調整して...

WebGLのInputFieldがスマホで機能しない時の対応

あわせて読みたい
【Unity】ビルドしたWebGLのInputFieldがスマホで機能しない時の対応 【はじめに】 UnityでWebGLビルドをした際にInputFieldがPCでは機能したのですが、スマホで機能しなかったのでその時とった対処方法です。 前提として、UnItyのWebGLビ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる