【Unity】モバイルゲーム開発最適化メモ

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

Unite2017のセッション「最適化をする前に覚えておきたい技術」から、C#ではなくUnity側が重かった場合の対応方法(30:30以降)のメモです。

こちらの動画とスライドをご覧ください。

GameObjectの数

モバイル目安

3000-5000程度に抑えたい。

Window>Analysis>Profiler>Memoryを選択してプルダウンからSimpleを選択

Unity2021 LTS

物理処理

余計な衝突判定をしてないか?

『Layer Collision Matrix』を見直す。

Edit>Project Settings>Physics> Layer Collision Matrix

複雑な衝突判定をしてないか?

『Mesh Collider』は重いので『BoxCollider』などに置き換える。

1フレームに複数回Physics処理が回っていないか?

『Fixed TimeStep』を見直す。

Edit>Project Settings>Time> Fixed TimeStep

デフォルト0.02になっている。(1/50 = 0.02) > 1秒間に50回の物理判定をするという意味。

30fpsのゲームなら0.0333 (1/30 = 0.033…)で良い。

60fpsのゲームなら0.0166(1/60 = 0.0166…)という計算になるが、デフォルトより重くなるので要検討

UI処理

重い頂点計算が走ってないか?

アニメーションしているものは別Canvasに分ける。

uGUIは同じCanvas内で何かが変わったら頂点を全て再計算してしまうため。

余計な描画をしてないか?

『Frame Debugger』でチェックする。

Window>Analysis>Flame DebuggerEnableをクリック。

変な順番で描画してないか、余計な物を描画してないか確認できる。

Batchesの数、SetPassCallsの数

  • Batches
    • 描画命令を何回呼んだか。ドローコールと同意。
  • Set Pass Calls
    • マテリアルの切り替え処理を何回呼んだか。

モバイルの目安は?

200回超えたあたりから見直し検討。

同じマテリアルで描画できないか?

  • できるだけ同じマテリアルを使うことでDynamic Batching(動的バッチ処理)が効くよう工夫する。
  • Textureをパッキングする。

Staticにできないか?

動かない背景モデルなどはStaticにして、Static Batching(静的バッチ処理)が効くようにする。

描画面積

UI半透明の描画面積が大きくないか?

透明部分も「透明を塗る」ことになるので大きいほど無駄な処理になる。

Image Effect(Post-process)が多すぎないか?

1つ増やす毎に全画面塗り直すことになるので負荷が大きい。

Shader

Shader内の計算が複雑になるほど重くなる。

描画面積が大きい「地面」「空」などで重いShaderを使うのは避ける。

重いShaderを使ってないか?

『Mobile/Unlit/Texture』や『Mobile/VertexLit』など、軽いShaderに置き換えてみる。

その他

あわせて読みたい
【Unity】Texture設定 最適化 とりあえず こうしておけば大丈夫 【はじめに】 UnityのTextureおすすめ設定です。あまり考えたくない時は、とりあえず後述の設定にしておけば大丈夫だと思います。 【テクスチャ サイズ】 テクスチャサ...
あわせて読みたい
【Unity】Audio Clip設定 最適化 とりあえず こうしておけば大丈夫 【はじめに】 UnityのAudio Clipおすすめ設定です。あまり考えたくない時は、とりあえず後述の設定にしておけば大丈夫だと思います。 BGM、SE それぞれ用途別に紹介しま...
あわせて読みたい
【Unity】最初にしておきたいエディター設定 – 開発時間短縮への道 初心者が知ってると少し幸せになれるエディター設定のメモです。 【Auto Refresh を無効にする】 Unity2021以降Unity>Preferences>Asset Pipeline以前Unity>Pr...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次